すべての人に最高の弁護を。 Best Defense for All. あらゆる刑事事件に対応します。
お知らせ

弁護士

lawyer

須﨑友里弁護士と上野仁平弁護士が参加しました。

 当事務所は2008年に高野隆の個人事務所としてスタートしました。その後次々に若手弁護士が参入し、昨年にはアメリカ留学から帰った和田恵弁護士が加わって、弁護士5人の事務所に「成長」しました。そして開業10年目の今年、新た …

和田恵弁護士が加わりました。

当事務所は和田恵弁護士をパートナーとして迎え入れました。彼女はこれまで約10年間にわたって、刑事分野を中心に、民事、家事、労働分野の第一線で活躍してきました。2014年からは、カリフォルニア大学ヘイスティングス校ロー・ス …

高野弁護士の新しい論文が雑誌に掲載されました。

高野隆弁護士(当事務所代表パートナー)の新しい論文「専門家に対する主尋問」が季刊刑事弁護84号に掲載されました。 わが国において検討が十分になされているとは言えない専門家証言の証拠法上の位置づけをわかりやすく解説し、専門 …

高野弁護士の新しい論文が雑誌に掲載されました。

高野隆弁護士の最新の論文「裁判官は弁護人の下手くそな尋問を止められるか」が季刊刑事弁護最新号に掲載されています。 裁判員裁判をきっかけにして、裁判官が当事者の訴訟活動を制約しようとしている動きに警告を発しています。

高野弁護士の講演録が雑誌に掲載されました。

高野弁護士の講演録「なぜ弁護するのか」がLaw & Practice 8号に掲載されました。

小松弁護士の論文が雑誌に掲載されました。

小松弁護士の論文「国外退去となった共犯者の不起訴処分の合理性を争い、検察官調書の採用を阻止した事例」が季刊刑事弁護79号(現代人文社)に掲載されました。

高野弁護士の新著が出版されました。

高野弁護士が共編著者となった『現代の刑事弁護第3巻:刑事弁護の歴史と展望』が第一法規出版から刊行されました。

PAGETOP
Copyright © 高野隆法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.