すべての人に最高の弁護を。 Best Defense for All. あらゆる刑事事件に対応します。
イーグルズアイ

岩佐政憲

「世界」に翻訳文が掲載されました

12月8日発売の岩波書店の月刊誌「世界」に、私が翻訳をさせていただいた論考が掲載されました。「日本の冤罪と『否定の文化』」と題する論考で、著者はデイビッド・ジョンソン氏(ハワイ大学教授)です。 内容について私が説明できる …

友人からの忠告

2014年7月24日、国連の人権委員会(正確には「国際人権(自由権)規約委員会」Human Rights Committee)は、日本の人権状況に関して「Concluding observation」を述べた。 これにつ …

国際競争力

外国と比較することによって、日本の特長や弱点が見えるということは往々にしてあることです。 たまたま本日(2014年5月8日)の日経新聞の「経済教室」に、役員報酬の構造改革を急げ、そうでないと、日本の何倍もの役員報酬を取っ …

司法試験の季節

明日から司法試験です。4日間にわたる長丁場で、知力はもちろんですが、体力も試される苛酷な試験です。受験生のみなさまには、とにかく健康に留意して最後まで走り切ってもらいたいです。この段階になると、受験生にできるアドバイスと …

安全に自転車に乗りましょう

東京都内の交通事故のうち、自転車が関係する割合が上昇しているそうです。これを受けて東京地検は、自転車での信号無視を繰り返した運転者を略式起訴とする方針に変更するとのこと。また東京都も、安全で適正な自転車利用を促進する条例 …

バーの向こう側

英語でBarは、法曹(界)を意味します。これは、法廷と傍聴席を仕切る柵に由来するそうです。つまり、バーの向こう側に居る資格のある人が、法曹と呼ばれるのでしょう。 私は、弁護士になって初めてバーの向こう側に入ったとき、すご …

米連邦最高裁で英語の解釈

現在、アメリカの連邦最高裁判所で、「interpretation」という単語の解釈について争われているそうです。 (参考URL:http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/ …

社外取締役の義務化

先日、法務省の法制審議会から、会社法制の見直しに関する中間試案が発表され、パブリック・コメントに付されています。その中に社外取締役を1人以上選任することを義務化することが、提案されています。 これが、「昨今の不祥事(オリ …

オリンパス事件について思うこと

今回のオリンパスの事件については、企業の法務部に勤めていた経験のある者として、非常に残念に思っています。きっとオリンパスの法務部で真面目に働いていた方々も、悔しい思いをしておられると思います。会社法が改正され、内部統制や …

もしもあなたが。。。

例えば、あなたが外国に旅行したとします。あなたはその国の言葉を全く知りません。旅行のために、「こんにちは」「ありがとう」くらいは覚えてきました。そんな程度です。 その国のカフェでくつろいでいた時、隣のテーブルで喧嘩があり …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 高野隆法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.