すべての人に最高の弁護を。 Best Defense for All. あらゆる刑事事件に対応します。

ごあいさつ

高野隆の肖像

逮捕されたというだけでマスコミは犯人扱いをします。何百万人もの人がそれを信じます。裁判がはじまるずっと前に「容疑者」は「犯人」の烙印を押され、世間から排除されてしまうのです。

大学で法律を学び始めて真っ先に教えられたのは「無罪の推定」という原理です。「逮捕されただけでは犯人とは言えない。公開の法廷で検察官が合理的な疑問を差し挟まない程度に有罪であることを証明しない限り、被告人は無罪だ」。教授は私たちに力説しました。国家から犯罪者として訴追され、世間から糾弾されている無力な人に寄り添い戦う弁護士という職業は素晴らしい仕事だと思いました。

大学を卒業し弁護士になりました。「無罪の推定」のホームグラウンドである法廷で思う存分活躍できるぞ。わくわくしました。しかし、私の夢はすぐに打ち砕かれてしまいました。法を解釈し裁判を主宰する裁判官は、世間の人々と同じようにマスコミ報道を鵜呑みにします。「検事が証拠を吟味して起訴したのだから有罪に違いない」「無罪の推定なんて青臭いこと言うなよ」。彼らはそう考えるのです。これが日本の裁判官の実態であり、有罪率99%の正体です。法律が「権利」として保障しているはずの保釈はなかなか認められません。検事の証拠請求はいくらでも許すのに、ときには検事に代わって「職権」で検事のための証拠を見つけて採用するのに、弁護側の証人は次々に却下します。そして、無実の被告人に有罪判決が言い渡されます。

わたしはわずか数年で刑事裁判に絶望してしまいました。この国で刑事弁護をやることに虚しさしか感じられなくなりました。そうした日々をおくる中である事件と出会いました。20代のデパート・ガールが職場の医務室で赤ちゃんを産んでしまい、救急車で近所の産婦人科病院に運ばれましたが、赤ちゃんは亡くなってしまいました。彼女は妻子あるミュージシャンと不倫をしていて、妊娠をしてしまいました。子供を産みたい、そして、彼と結婚したいと願っていました。勤務中に突然陣痛がはじまって医務室に駆け込みました。押し寄せる激痛と朦朧とした意識のなかであっという間に赤ちゃんが生まれてしまったのです。

警察は出産間がない女性を硬いパイプ椅子に座らせて何時間も厳しく追求しました。彼女は「赤ちゃんを殺してなどいません」と訴えましたが、聞き入れられませんでした。痛みと疲労で気を失いかけている彼女に、刑事は「赤ん坊の鼻の上に太ももを乗せて窒息させたんだろ」と言いました。彼女は「自白調書」にサインしてしまいました。

国選弁護人に選任されたわたしは、彼女の話を聞いて無罪を確信しました。生まれたばかりの娘に自分の太ももを乗せてみて「どこが鼻かなんてわかる訳がない」と思いました。産婦人科のお医者さんは解剖所見を見て「これは仮死産だった可能性が高い」と言いました。「生産児だった」という検察側の法医学者の鑑定方法に決定的な間違いがあるのを発見しました。次々と彼女の無実を証明する事実が浮かび上がってきました。しかし、それと同時に裁判官への不信感も高まってきました。「この事件が有罪になってしまったら、弁護士を辞めよう」、わたしはそう決意しました。

事件の審理は3年近くに及びました。途中で裁判長が交代しました。この裁判長はそれまでに出会った裁判官とは少し違っていました。証拠を丹念にそして公正な態度で検討してくれました。私の依頼人の話を熱心に聞いてくれました。「警察は被告人の健康状態に配慮することなく、強制的に自白を追い求めた」と言って、「自白」を証拠にしませんでした。そして、無罪判決を言い渡しました。裁判長はとても長い判決文の朗読が終わると、彼女の方を向いてこう言いました。
「あなたの自由を長い間拘束してしまったことを大変申し訳なく思います。どうか幸せになってください」。
いまから25年以上前のことです。この事件に出会って、そして、この裁判長に出会ったおかげで、わたしは刑事弁護を続けようと決心しました。

わたしは20年間埼玉県で弁護士を続けた後、早稲田大学法科大学院で若い人に刑事法と刑事弁護を教える機会を持ちました。2009年に秋葉原に個人で法律事務所を開業することになりました。幸いなことに、私を慕って若い弁護士諸君が一緒に仕事をしたいと言ってくれました。こうして、刑事事件を中心に、「とにかく納得の行く弁護、最高の弁護をしよう」ということをモットーに、「高野隆法律事務所」は誕生しました。

わたしたちはどんな事件でも最善の弁護をすることを誓います。いかに困難な事案であっても、決して諦めることなく、あなたに寄り添い徹底的に弁護することを約束します。

2014年10月
高野隆法律事務所代表パートナー
弁護士 高野隆

TEL 03-5825-6033 東京23区内無料で1回面会に行きます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 高野隆法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.