4年ほど前に、「一審から依頼して下さい」という記事を書きました。「控訴審や上告審からじゃ遅い」そういう気持ちでした。

今も同じ気持ちはあります。一審から弁護人ができれば、無罪にすることができたかもしれない、そういうケースに会うことは珍しくないからです。ただ、様々な事件を様々な角度で見て、上訴審からでもできることはある、そう思えるようになりました。

依頼者の皆様にも様々な事情があると思います。「一審では弁護士に任せきりで何が何だかわからなかった」とか「一審は国選でも一生懸命やってくれた。でも結果が出なかった。もっとやれたんじゃないか」とか「一審に不満はない。でも違う角度で事件を見てほしい」とか。

ぜひ上訴審からでもご依頼ください。一審の弁護活動を見直すこと、批判すること、一審でできなかったことにチャレンジすること、何でもおっしゃってください。その時点での「最高の弁護」を提供することをお約束します。