拘置所の玄関に向かう道に沿ってブリキの塀ができてもう3年以上過ぎたように思います。てっきり、このいかにも中途半端な塀はそのうち立派な煉瓦塀になるんだろうと考えていましたが、いつまでたってもブリキのままです。そうこうするうちにブリキ塀とアスファルトの間の隙間にマツバボタンの花がきれいに咲くようになりました。ご近所の誰かがブリキの塀に違和感を感じ、少しでも人が暮らす「街」らしくしようとしたのだと思います。

matubar